ダーツグッズのイメージ

グッズ

これだけは買いたい!初心者が用意すべきダーツ用品一式

ダーツ初心者がマイダーツをそろえたいと思うのは当然のこと。

マイダーツをそろえてからがスタートラインと言ってもいいくらいです。

ですが、初心者の場合、ダーツにどんなグッズがあるのか、何が最低限必要なのかなど、何を買えばいいのか分からないという人もいるでしょう。

一般的にダーツといえばバレルとそれに付属するチップやシャフト、フライトが1セットです。これに加え、ケースやカードがあると必要最低限の準備ができます。ここでは、初心者がマイダーツを買うのに迷わないよう、これらの最低限必要な商品を簡単な説明と併せて紹介します。参考にしてぜひダーツを一式そろえてください。

ダーツが売っている場所、どこで買えばいいかが分からないという場合はこちらの記事を参考にしてみてください。
マイダーツが欲しい!ダーツグッズはどこで買えるの?



バレル

バレルはダーツの本体と言っていい金属製のパーツです。価格も安いもので2,000円程度、高いものだと1万円以上するものもあります。ダーツを投げるときに1番影響がある重要な部分です。

各モデルで素材や重さ、長さ、太さ、形状に違いがあり、自分に合ったものを選ぶ事が必要です。

また、色やデザインもいろいろあり、見た目のかっこよさで選ぶという方法もあります。(投げにくいかもしれませんが)

初心者のうちは特に、どれが自分に合うのかが分からないと思います。専門店で試し投げすることがベストですが、近くにショップがないのであればダーツバーの店員さんやダーツ仲間に相談しながら選ぶことをオススメします。

他のパーツと違い、バレルは価格も高く長い間使えるので、自分に合ったものをしっかりと判断し後悔しないようにしたいところです。

\バレルをチェックするならこちら/

チップ/ポイント

チップもしくはポイントと呼ばれる、ダーツの先端のパーツです。

バレルに取り付けて使います。ネジのようにくるくる回して取り付けます。

ソフトダーツでは主にプラスチック製のものが使われており、ダーツボードに刺さる部分のため損傷が激しく、曲がったり折れたりすることがよくあるパーツです。チップが曲がるとボードに刺しづらくなるため、頻繁に交換することになります。スペアを用意しておくことが必要です。

消耗品なので数十本単位で売られていることが多い商品で、なくなると不安になるので定期的に補充しておきましょう。

形はそれほど違いはないものの、色はバリエーションが多く、個性を出せるポイントでもあります。

注意したいのはコンバージョンポイント。これはハードダーツ用のものでソフトダーツには使用できないので購入の際は気をつけましょう。

\チップをチェックするならこちら/

シャフト

バレルとフライトをつなぐパーツです。

バレルにネジのようにくるくる回して取り付け、フライトは差し込みます。

これも消耗品で、使っていくうちに割れたり折れたりすることがあります。スペアを1セットは用意しておくと安心です。

長さや細さデザインがいろいろあり、3本セットで売られています。

\シャフトをチェックするならこちら/

フライト

ダーツの最後部に付ける羽のようなパーツです。ダーツの飛びに安定感を与える役目があり、シャフトに刺して使います。

羽の角度が90度で固定されているタイプのものと、自分で90度に折り曲げて使うタイプがあります。

自分で折るタイプは取り外して平らにしてコンパクトに保存できますが、90度で成形されているタイプはフライトケースに入れるなどした方が保管しやすいので別途購入をオススメします

フライトの形状もいくつかあり、フライトに描かれるデザインも豊富なので、オシャレポイントのひとつです。

ダーツを投げていくうちにフライトも損傷するので定期的な交換が必要。スペアを用意しておきましょう。

\フライトをチェックするならこちら/

ダーツケース

上で紹介したダーツ(バレル、チップ、フライト、シャフト)とそのスペアを入れておけるケースです。

ひとまとめにしておくと持ち運びにも便利。素材は革や布、エナメル、ステンレスなど、ソフトなケースやハードなケースと種類がたくさんあります。おしゃれなものも多く種類も豊富なので自分好みのかっこいいケースを選びましょう。

ダーツグッズはスペアも含めけっこうバラバラになりやすいです。ケースは必須と言っていいくらい便利なので是非購入を。

\ダーツケースをチェックするならこちら/

ダーツカード

ダーツカードがあると、遊んだ記録を残すことができます。(有料会員にならないでもカードへの記録はされていきます。)
ダーツをやっている人であればほとんどの人が持っているはずです。

自分の実力に応じてレーティングも記録され、ダーツが上手くなりたいという意欲も湧いてくることでしょう。

ダーツマシンは主にDARTSLIVEとPHOENIXとありますが、それぞれで使えるカードが違います。自分がよく使うマシンのものを購入しましょう。
DARTSLIVEカードでできること

基本的には1枚持っていれば用は足ります。ですがデザインも豊富で、次々と新しいデザインのカードが販売されているので複数枚持っている人もいます。カードコレクターもいるくらいです。気分転換にダーツではなくカードを変えるというのもいいですよ。

\ダーツカードをチェックするならこちら/

どれがいいか迷ったら初心者向けセット

種類が多すぎて何を選んだらいいのか分からないのであれば、初心者向けに用意されているダーツセットを選んでみてもいいかもしれません。

一式そろってますし、価格もリーズナブルなものが多いです。

とりあえず初心者向けセットを使い、慣れてきたらもっとカッコいいものを買うという考えの場合はオススメです。

ただ、やはり安いもの、初心者向けのものだと、多少カッコ悪く感じたり投げにくさを感じることもあるのでそのへんは気をつけたいところ。価格は安いものの、やはり一般的な商品よりは質が落ちてしまうのです。

商品が多く何を選んだらいいのか分からないということであれば、見た目のカッコよさですべて選んでしまったほうが初心者セットを購入するよりも納得できるかもしれません。

\初心者セットをチェックするならこちら/

初心者がそろえたいダーツグッズ一式まとめ

  • バレル
  • チップ
  • フライト
  • シャフト
  • ダーツケース
  • ダーツカード

これさえあればとりあえずOKです。

他にも細かいグッズがたくさんあるので、慣れてきたらいろいろと探してみると面白いです。

ここで紹介した以外のあると便利なグッズについてはこちらで紹介しています。
持っていると便利なダーツグッズ

ダーツはプレイするだけでなく、おしゃれなかっこいいグッズを集めるのもひとつの楽しみといえます。グッズ選びからダーツを楽しみましょう!

ダーツショップが近くにないのであれば、ネットショップを利用するのがオススメです。商品の種類も豊富で、発送も早いので便利ですよ。

\おすすめのネット通販ダーツショップ「ダーツハイブ」はこちらから!/




ダーツ上達を目指そう!

自宅でダーツライブが楽しめる!DARTSLIVE-200S

自宅で練習するのであればダーツボードが必要です。

中には自宅ではハードダーツで練習するという人もいますが、それだと壁に穴を開けてしまうリスクもありますし、ダーツの感覚も違ってきます。できれば自宅でもソフトダーツがしたい。そういう人に向けた商品がこの「DARTSLIVE-200S」です。

あなたのスマホを接続することでダーツライブならではのエフェクト得点計算などお店と同じように楽しむことが可能です。

ダーツを自宅で練習したい。友だちを呼んでワイワイ楽みたい。そんな人はこちらの商品をチェックしてみてください!

目指せAフラ!DVDで上達法を学ぼう!

ダーツが上手くなりたい!という気持ちは誰もが持っているはず。でも上手くならない。

そういう人は練習法が間違っている可能性があります。まずはダーツ指導のプロに教えてもらうことがおすすめです。

とはいってもプロに指導してもらうとなると簡単なことではありません。だからこそのダーツ指導DVDです

ダーツの教則DVDといえば「知野真澄式DVD」か「小熊式」といえるほど有名なこのDVD。短期間で効率的にダーツが上手くなりたい人は要チェック!

-グッズ

© 2021 ソフトダーツの教科書 Powered by AFFINGER5