ダーツにかかるお金

ダーツを遊ぶ

お金はどれくらい?ダーツをやるのにかかる費用はいくらか

はじめるのにお金がかかる。もしくは続けているとお金がかかる。

こうした遊びはなかなか手が出しづらいものです。例えばゴルフなんてゴルフクラブやウェアをそろえるだけで数万円しますし、ゴルフ場にいっても1回数千円以上。ちょっとはじめづらかったりします。

ですがダーツはそんなことありません。

必要なものと言えばマイダーツ程度。あとはプレイ料金くらいです。

「でも他にも色々お金かかるんじゃないの?」やったことない人からすると心配になるでしょう。

ここではダーツをやるのにかかるお金について紹介します。

どの程度、どんなことにお金がかかるか分かっておけばはじめやすいですよね。ルールも大切ですが、かかる費用についてもチェックしましょう。



道具にかかるお金

ダーツをするには道具をそろえる必要があります。

毎回、お店のハウスダーツを借りれば道具代は無料になりますが、正直それは現実的ではありません。ダーツをやっている人でマイダーツを持っていない人はほぼいないでしょう。

ダーツ用品は初心者用の安いものから、プロも使うような高級なモデルもあります。

金額の例を上げると、安いものであれば初心者向けのセットで1000円程度、高級なものであればバレルだけで7万円するものもあります

初心者から中級者程度であれば、バレルやティップやシャフトと一式そろえて5千円から1万円程度で十分です。これに加えてケース類やカードを買えば道具はそろいます。

一式そろえばそれで遊べるのですが、ティップとシャフトとフライトは消耗品なので頻繁に交換が必要です。これらの商品はバレルのように高額ではないのですが、定期的に500円から千円程度のランニングコストがかかるイメージで考えておいてください。

ダーツ初心者が購入すべきダーツグッズについては下の記事も参考に!
最低限必要なダーツ用品一式について
あると便利なダーツグッズについて



遊ぶのにかかるお金

ソフトダーツは1プレイごとにお金が必要です。もしくは投げ放題であれば利用時間でお金がかかります。

金額についてはお店によって違うので一概には言えません。

ただ基本的には1プレイ100円、高くても200円ではやれます。投げ放題の場合は投げれば投げるほど割安(1プレイ100円以下で遊べる)だと考えておけばOKです。

これに加え、バーなどではチャージ料金がかかったり、飲み物の料金が必要になったりします。

飲み物や投げる環境などを考えると、単に練習するためたくさん投げたいのであればアミューズメント施設(ラウンドワンとか)の投げ放題のほうが安くあがります。ダーツバーはいろいろな人と対戦したり、ワイワイと楽しめますがダーツを投げる量に対して金額は高めになるでしょう。

投げ放題で集中的に練習するのがお得です。



アプリの会員料金

これは別に必要ではないのですが、ダーツライブやフェニックスの有料会員になると月額費用が発生します。

有料会員にならないでもプレイの記録はカードにされていくので問題はありませんが、それ以上のサービスを受けようと思うなら有料会員になる必要があります。(例えばスマホでデータを確認するとか、フレンドとやり取りするとか)

ダーツライブ、フェニックスともに月額300円(税抜)で有料会員になれます。

知り合いも増え交際費がかかることも

ダーツをやっていると知り合いは確実に増えます。

誕生日にプレゼント、クリスマスにプレゼント、バレンタインデーに、ホワイトデーに…といったように、知り合いが増えればこうしたお金もかかってくるものです。

また、ダーツバーに通えばお酒を飲む機会も増えるでしょう。ダーツ後に他のお店で飲み直し、そのままカラオケに…といったこともあるかもしれません。忘年会や新年会、何かといえばイベントが開催されるかもしれません。

一人きりでダーツをするなら別ですが、ダーツを通じた知り合いが増えるとどうしても交際費はかかります



大会に出るなら遠征費用

ダーツを続けていれば大会に出ることもあるかもしれません。

そうした場合、大会の参加費用や遠征費用もかかってきます。

ダーツ仲間と一緒に行くとなればそれ以外の飲食代もそれなりにかかる可能性も…。

頻繁にあることではありませんが、遠くに行くとなると額は大きくなるでしょう。

ダーツにかかるお金まとめ

  • 道具にかかるお金
    ダーツ一式で1万円程度、ランニングコストもある
  • 遊ぶのにかかるお金
    1play100円程度、投げ放題はもっと割安
  • アプリの月額料金
    ダーツライブ、フェニックスともに月額300円
  • 大会の費用
    大会や開催地による
  • 交際費
    知り合いが増えれば付き合いも増える

ダーツを楽しむために必須といっていいのがマイダーツ。これさえあればとりあえずOKです。ピンキリですが初心者であれば1万程度で一式そろいます。

はじめにかかる費用はマイダーツ代くらいなもの。あとはゲーム料金や交際費。

単にダーツを楽しむだけであればそこまでお金はかかりません。

ただ、のめり込むとグッズにダーツバー通いにとそれなりにかかっていくので、自分がどの程度ダーツをやるのかを考えつつ懐具合と相談してみてください。




ダーツ上達を目指そう!

自宅でダーツライブが楽しめる!DARTSLIVE-200S

自宅で練習するのであればダーツボードが必要です。

中には自宅ではハードダーツで練習するという人もいますが、それだと壁に穴を開けてしまうリスクもありますし、ダーツの感覚も違ってきます。できれば自宅でもソフトダーツがしたい。そういう人に向けた商品がこの「DARTSLIVE-200S」です。

あなたのスマホを接続することでダーツライブならではのエフェクト得点計算などお店と同じように楽しむことが可能です。

ダーツを自宅で練習したい。友だちを呼んでワイワイ楽みたい。そんな人はこちらの商品をチェックしてみてください!

目指せAフラ!DVDで上達法を学ぼう!

ダーツが上手くなりたい!という気持ちは誰もが持っているはず。でも上手くならない。

そういう人は練習法が間違っている可能性があります。まずはダーツ指導のプロに教えてもらうことがおすすめです。

とはいってもプロに指導してもらうとなると簡単なことではありません。だからこそのダーツ指導DVDです

ダーツの教則DVDといえば「知野真澄式DVD」か「小熊式」といえるほど有名なこのDVD。短期間で効率的にダーツが上手くなりたい人は要チェック!

-ダーツを遊ぶ

© 2021 ソフトダーツの教科書 Powered by AFFINGER5